人肌恋しい時期のオナ電

社会人になって3年。
仕事も落ちついて、自宅と会社を往復する単調な毎日に退屈していた時でした。
私は最近、唯一の夜の楽しみがあったのです。
それは、ツーショットダイヤルを深夜に利用することでした。
かける電話番号によって、地域の指定をする事ができるので、私はずっと地元の電話番号を指定していました。
オナ電とは、基本的には会わないのですが、ある日私はオナ電をした女の子と会うことになったのです。
電話の向こうの彼女はすごく可愛い声をしていて、エッチをするときには、お互いにアソコをなめるような音をいやらしく聞かせたり、お互いにオナニーをして楽しんでいました。
その後に、私たちは雑談をしたのですが、何と結構ご近所さんだったことが判明し、歩いていけるような距離に住んでいたのです。
私が軽いノリで「会おうよ~」と言うと、彼女も「私も会いたい」と言い、会うことになったのです。
しかも、これから会うことに。
彼女も仕事と家の往復に嫌気が指していて、刺激を求めていたと言います。
早速私は彼女に会いに、近くのコンビニで待ち合わせをしました。
現れた彼女はすごく可愛らしい女の子。
家も近かったので、彼女を私の家に誘うと、早速家の中でセックスが始まりました。
なんと言ってもフェラが上手くてたまりません。
オナ電でもすごく感じましたが、生のあえぎ声もすごくエロいです。
オナ電から実際に会うのは今回が初めてでしたが、私たちはセックスの相性がいいんだと思いました。

オナ電をするならインターネットで

オナ電をする場合はまず相手探しから始まります。
その相手探しにツーショットダイヤルという手段もありますが、ここではあまりおすすめしません。
なぜなら、ツーショットダイヤルでは料金が発生するからです。
それも1分単位でいくらといった設定のところが大半なのですが、これが思ったよりも支払いが多くなってしまうのです。
いくらお互いオナ電をすると了解していても、電話に出た相手といきなりプレイを始めることはありませんよね。
最初はやはり自己紹介から始まって少し世間話をして、それからプレイに進むといった手順を踏むわけですが、この時点で下手をすると数千円も掛かってしまうこともあります。
またプレイをしている最中は時間やお金のことなど気にしていませんから、終わった時には1万円やそれ以上掛かることも珍しくなく、これなら風俗へ行ったほうがよかったかも…などと後悔することにもなりかねません。
昔はオナ電の相手を見つける手段はツーショットダイヤルくらいしかなかったものですが、今ではインターネットでオナ電を希望する相手を見つけることもできます。
そしてそこで見つけた相手とのプレイに掛かる費用はというと電話代だけ、それも電話会社と話し放題といったプランを契約していれば事実上無料でプレイできるのです。
時間を気にすることなくそのうえお金が掛からずに楽しめる、インターネットを使うことでそんなオナ電が今や普通になっているのです。

最初の5分はムード作りに徹する

オナ電を始めるにあたって、最低でも最初の5分はムード作りに徹するようにしましょう。
要するに、いきなりセックスを始めるのではなく、何気ない会話や雑談をしたりして、徐々にいい雰囲気を作っていくわけです。

リアルでセックスをする際にも、必ず最初に前戯から始めると思います。
それによって感度の方も高まっていき、より興奮した状態でセックスが楽しめるのです。

なので、オナ電の場合でも充実したセックスができるように、ムード作りを欠かしてはいけないのです。
たとえ短い時間であっても、そこに費やす時間を惜しむべきではないのです。

もちろん、具体的にどれぐらいの時間をムード作りに費やすかは、オナ電を行う時間であったり、その場の雰囲気に合わせて考えればいいでしょう。
あまり時間をかけすぎても、オナ電をするための時間が少なくなってしまうでしょうし、そのあたりは臨機応変に決めていくといいわけです。

ただ、最低でも5分という時間は守ってもらいたいですし、最高の状態でオナ電を楽しんでもらいたいです。

最終的には実際にオナ電をして判断することになる

せっかくオナ電をするなら、自分の理想に少しでも近い相手を選びたいところでしょう。
やっぱりオナ電の場合でも、相性の部分は重要となるので、どういった相手を選ぶかも大きなポイントになるのです。

さて、具体的にどうやって相手を選ぶかですが、出会い系サイトにしても掲示板にしても、簡単なプロフィールを掲載していることがほとんどですから、まずはそちらで絞り込むといいでしょう。
年齢であったり性格やタイプなど、基本的な情報を知ることができるので、それだけでもかなり相手を選別できると思います。

ただ、最終的には実際にオナ電をした上で判断することになるでしょう。
相手の声はもちろんですが、どういったセックスが楽しめるかも、実際に電話をして会話をしなければ分からないわけですから。

そして、もし大いに満足することができ、楽しくオナ電を行うことができたのであれば、その後も定期的に関係を続けていくといいでしょう。
逆に、お世辞にも相性がいいとは言えなかったのであれば、また別の相手を探せばいいわけです。

テレフォンセックスサイトの質は有料>無料

テレフォンセックスサイトには、有料・無料の2タイプのサービスが存在します。
どちらを選んでも楽しい時間を得ることが出来ますが、ワンランク上のサービスを求めるのであれば、迷うことなく有料を選ぶべきです。

有料サービスの利点は、プロフィール欄が充実していることです。
SNSスタイルを採用するサイトも多く、日記などから相手の趣旨・性癖を窺い知ることもできます。
また検索機能も優れており、好みの相手をピンポイントで探し出すことが容易です。

何より、登録している女性の質が高いことです。
「我儘で、自分勝手な女性に振り回されるのは嫌」「男を立ててくれる女性と楽しみたい」という人はもちろん「初心者だからリードしてほしい」「一から手ほどきを受けたい」という人でも、安心して利用が出来ます。

しかし利用の際は、高額な料金が発生することを忘れてはいけません。
『紹介料』に加え、指名をする場合には『指名料』が別途発生します。

なお料金の詳細はテレフォンセックスサイト毎に異なるため、登録前には必ず確認を行って下さい。
また継続して利用したい場合には、出来るだけ安価なサービスを探すことも重要です。

テレフォンセックスに掛ける時間は人それぞれ

テレフォンセックス(通称オナ電)に掛ける時間は、人それぞれです。
30分未満でスッキリ出来てしまう人もいれば、1時間~2時間またはそれ以上を掛け、じっくり楽しむ人もいます。

前者の人は、大抵が自慰のおかず目的です。
ひとりでするのは味気ないし、何より刺激が足りないという場合に利用されます。

後者の人は、ごっこ遊びを楽しみつつ自慰もしたいという人です。
そのためシチュエーションを大切し、発言(台詞)にも力を入れます。
しかし脚本(起承転結)が下手な人もおり、時間の経過と共に興奮が冷めるようであれば相手を変更したほうが賢明です。

エッチな会話はしたいが、1時間も2時間も話す自信はない…という人は、相手方に自分の都合を伝えておきましょう。
「×分程度の時間があります」「今日は何時までOKです」と、予め断わっておけば終了時に波が立ちません。

それにも関わらず、相手がしつこく会話を継続する場合には切断してしまって構いません。
言っても聞かない人には、行動で示しましょう。
有料サービスの場合は接続時間に応じて料金が発生するため、尚のことご注意ください。

オナ電なら面倒なトラブルを防げるのも大きなメリット

オナ電のメリットの1つとも言えるのが、面倒なトラブルに巻き込まれることがないという点です。
実際に相手と出会うわけではないので、トラブルや問題などを防ぐことができるわけです。

どうしてもリアルで相手と出会うと、いろんなリスクが伴うことになります。
例えば、相手が未成年の女の子だったりすれば、セックスをした場合はもちろん、そうでなくても後々面倒な事態になりかねないのです。

あるいは、シャワーを浴びいている間に財布を盗られて逃げられてしまったり、美人局の罠に引っかかってしまい恐喝被害に遭うなど、いろんなトラブルに遭遇する可能性があるわけです。
他にも、性病などのリスクもありますから、思っている以上にリアルでの出会いは怖いことなのです。

でも、オナ電ならそういった問題が生じることもないので、安心してセックスを楽しむことができるのです。
万が一相手から変な誘いを受けても、その時はきっぱりと断って電話を切ればいいですし、トラブルになることもないのです。

オナ電においても好みや相性は大事

オナ電の場合でも、やはり自分好みの相手や、自分との相性が良い相手とやりたいところでしょう。
普通のセックスとは違い、オナ電の場合はお互いの性格やタイプ、そして会話の部分が大きなポイントとなるわけです。

リアルでセックスをする場合であれば、たとえお互いの性格が真逆だったり、コミュニケーションに難があったとしても、身体の相性さえ合えば基本的に問題ありません。
特にセフレ関係であれば、完全に肉体だけに割り切っていますから、他の要素は一切考慮する必要がないのです。

しかしオナ電の場合は、お互い触れ合うことは一切ないので、そうなると電話での会話や妄想エッチによって、相性の良し悪しが分かるわけです。

例えば、自分はじっくりと落ち着いたテンポで会話をしたくても、相手がサクサクと話を進めていくタイプだったとすれば、お世辞にも相性がいいとは言えません。
実際に妄想セックスをする際にも、自分が求めているものとはまるで違い、楽しめずに終わってしまう可能性も高いのです。

オナ電で絶対にやってはいけないこと

オナ電では相手の顔も姿も一切見えないことから、どうしてもルールやマナーを疎かにしてしまいがちです。
しかし、オナ電の相手はあくまでも人間なのですから、当然ですがやってはいけないこともあるわけです。

当然ながら、相手に対して暴言を吐いたり、あるいは不快にさせるような発言をするのは、絶対にやってはいけません。
ちょっと気に入らないことがあったり、ストレスが溜まっているからといって、そのような行為をするのは決して許されないのです。

もちろん、悪気があって言ったわけではなく、つい調子に乗りすぎてしまったことで言ってしまうケースはあるでしょう。
その時は、しっかりと謝るようにして、同じ失敗を繰り返さないよう肝に銘じましょう。

また、あくまでもオナ電を楽しむことが目的なわけですから、それ以上のことは求めるべきではないのです。
出会いの誘いをしたり、リアルでのセックスをお願いするような行為も、絶対に慎むようにしましょう。

セックスともオナニーとも違い魅力がある

オナ電の場合は普通のセックスとは違い、言うまでもなく相手に触ることは一切できません。
あくまでも性器自体は自分で触ることになるので、そういう意味ではオナニーと同じだと思われるかもしれません。

ただ、オナニーと大きく違う点は、相手の声を聞きながら、いろんなことを想像できるという部分です。
したがって、セックスともオナニーともまた違う魅力が、オナ電にはあると言えるのです。

もちろん、どれが最も興奮できるのか、どれが1番気持ちいいかは、人によってそれぞれ違うでしょうし、決して優劣をつけることはできないでしょう。
それ以前に、どれか1つに絞り込む必要もありませんし、セックスやオナニーをやりつつ、オナ電の方も楽しんでもいいわけです。

ただ、せっかく色々な選択肢があるわけですから、見た目の印象やイメージだけで判断するのではなく、まずは実際に自分でやってみることをオススメします。
それで初めて、いいも悪いも、気持ちよくなれるか否かも分かるわけですから。

いろんな相手とオナ電をする重要性

恋人やセフレとは違って、オナ電では何人の相手とやっても問題ありません。
実際に相手と出会うわけでも付き合うわけでもないですし、10人や20人とオナ電をしても咎められることは一切ないのです。

むしろ、オナ電の場合はいろんな相手とやるべきですし、いろんなタイプの人と妄想エッチをしてみることが重要なのです。
そうすることで、自分との相性が抜群の相手が見つかるかもしれませんし、理想のパートナーと巡り会えるかもしれないのです。

そしてもう1つ、同じ相手とばかりオナ電をしていると、どうしても飽きてきてしまうのです。
たとえ違う妄想ネタやパターンでエッチをしたとしても、ずっと同じ相手ではそのうちマンネリを感じてしまうのです。

それを防ぐ意味でも、やはりいろんな相手とオナ電をする意義は大きいのです。
相手によってタイプも違うわけですから、それぞれ違ったオナ電を楽しむことができるので、飽きることなく続けることができるわけです。

とにかくいろんな人とオナ電をやってみる

オナ電をもっともっと楽しみたいと思っているのであれば、とにかくいろんな人とオナ電をやってみるようにしましょう。
そうすることで新しい発見があるかもしれませんし、自分との相性が最高にマッチする相手が見つかるかもしれないのです。

相手探しに関しては、出会い系サイトや掲示板、さらには専門サイトも最近は充実していますから、いくらでも容易に探すことができます。
金銭面に関しても、かけ放題プランであれば通話料はかからないわけですから、気軽に電話をすることができるでしょう。

ちょっとでも気になる人を見つけたのであれば、積極的に誘ってみるようにしましょう。
出会いの誘いだとそう簡単には応じてもらえませんが、オナ電であれば気軽に応じてくれる人が多いのです。

もしダメだった場合でも、決して損をすることもないわけですから、失敗を気にせずにどんどんチャレンジできるわけです。
せっかくたくさんのチャンスがあるのですから、それを活用しない手はないのです。

どういったシチュエーションを作っていくか

オナ電で大きな鍵を握るのは、セックスをする上でのシチュエーションでしょう。
当然ですが、至って普通のシチュエーションでは意味がありませんし、それだったらリアルでセックスをした方がいいでしょう。
やはり、オナ電だからこそできること、妄想だからこそ実現できるシチュエーションを作ることが望ましいのです。

例えば、野外でセックスをするなんて普通であればできないことです。
もしかしたら、中にはやったことがある猛者もいるかもしれませんが、それでもせいぜいカーセックスぐらいが限度でしょう。

でも、オナ電であれば好きな場所、好きな状況でセックスができるわけです。
それこそ、公園のベンチで堂々とエッチをしたり、観覧車の中で激しくセックスをすることも可能なのです。

しかも、これらはやろうと思えば絶対にできないことではないので、ある程度のリアリティも感じられるわけです。
絶対不可能とは言えないけれど、普通はまず実現できないようなシチュエーションこそ、オナ電にはぴったりと言えるかもしれません。

オナ電は初心者でも問題なく楽しむことができる

オナ電をやったことがない初心者でも、果たして妄想セックスを楽しむことはできるのでしょうか。
当然ですが、誰でも最初は未経験者なわけですし、初心者でも問題なく楽しむことができるのです。

しかも、リアルでセックスする場合と違って、テクニックなどが要求されることもないですし、「相手を感じさせないといけない」という義務感に襲われることもないのです。

オナ電において、セックスが上手いかどうか、テクやスキルを持っているかどうかは一切関係ないのです。
純粋にエッチな会話を楽しみながら、いろんなことを妄想してセックスを行うわけですから、大事となるのはそのやり取りなのです。

ただ、会話に関しても初心者だと自信がないという人も多いかもしれません。
しかしこれに関しても、決して上手な表現をする必要は無く、自分なりにエッチな言葉を積極的に発言していけばいいのです。

最初は少し緊張するかもしれませんが、何度かやっていくうちに慣れてくるでしょうし、そうなればより一層オナ電を楽しめるようになるでしょう。

エッチをする相手を募集するならばインターネットオナ電サイトはどうでしょうか?

人間関係が希薄な時代になって世の中はメンタルヘルが注目されている。
仕事をするベースがパソコンになりインターネットでの遣り取りやメールでの遣り取りが普通になっています。
人間同士が直接会ったり、電話したりしなくても仕事はスムーズにはかどります。
買い物でもインターネットで買えます。銀行もインターネットバンキングです。
セックスの相手はそうはいきませんね。

エッチ仲間を募集するならばインターネットテレクラサイト

少し前まではセフレ募集サイト・出会い系サイトや恋活アプリの掲示板が主流でした。
最近はインターネットテレクラサイトが注目されています。

テレクラはテレフォンクラブの省略で昭和時代のバブル期に大流行した風俗です。
男性がテレクラ店舗のボックスで女性からの電話を待つのです。
それのインターネット版ができているのです。
iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンで利用できますから、自宅にいなくても女の子との遣り取りが楽しめます。

エッチな会話をするならばカフェで利用はできません。
ですが普通のお喋りを楽しみたいだけならば問題ありません。
最近は草食系男子が多いから女性からアタックしてくれる風俗は便利に使えるでしょう。

インターネットのテレフォンクラブ(テレクラ)ならば大丈夫

出会い系サイトはサクラの巣窟。
特に「ポイント課金制」のエロ電話サイトの大部分はサクラサイトと呼ばれています。
無料の登録料ということと、お試しポイントで男性を顧客に取り込みます。
なぜならば、「完全無料」の出会い系サイトでは男性は女性をゲットできないからです。
人数が男性のシェアが9割です。カップルが成立するはずがありません。
単純計算しても10人に1人の男性しかカップル成立しないのです。

出会い系サイトに誘導するためのダミーサイト

中には「ポイント課金制」の出会い系サイトに誘導するためのダミーサイトとして「完全無料」の出会い系サイトが立ち上げられていることもあります。
サクラ対策をしても、なかなか騙されないことは難しいです。
それよりもサクラがいないサイトを利用したほうが手っ取り早いです。

インターネットのテレフォンクラブ(テレクラ)ならば大丈夫

こちらのサイトは電話をしなければマッチングしないシステムになっています。
だから男性のサクラが騙そうといしても無理です。
最近インターネットのテレクラサイトが人気になっているのはサクラにヘキヘキした男性が注目しているからです。

インターネットオナ電サイトは若いギャルに会える使えるサイト!

インターネットテレクラサイトは若いギャルに会える使えるサイト!
50歳をすぎたおばさんと二十歳のギャルならば、男性ならばどちらとエッチしたいですか?
よほどの熟女マニアでない限りは二十歳の女の子を選ぶでしょう。
その理由はどこにありますか?
若い女の子はエッチをしても恥じらいがあります。
そこがとっても魅力的です。
ですが、熟女はそれなりの魅力があり興奮しないとは断言できません。

出会い系サイトはいろいろなジャンルがあるが結局はサクラばかりであえない
最近はエッチをするならば、セフレ募集サイト・出会い系サイトや恋活アプリの掲示板が主流になっています。
掲示板でも若い女の子だけではありません。
熟女系・人妻系などいろんなカテゴリーに区分されています。
ですが、相手はサクラが多いです。

サクラに騙されないで女の子と出会うならばインターネットテレクラサイト
iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンやアプリを活用しています。
必然的におばさんは弾かれています。
若い女の子とエッチしたいならば、インターネットのテレクラサイトが狙い目です。
まだ気がついていない人が多いので、今がチャンスです。

初回はただの利用者を装うべし

エロ電話には、パーティー形式とツーショット形式ふたつの部屋が存在します。
セフレづくりに適しているのは、第三者に邪魔をされないツーショット形式です。

ツーショット形式であれば、こちら側も映像をライブ配信できます。
パソコンはウェブカメラ必須ですが、スマートフォンであれば付属カメラが使用できます。

セフレづくりは、会う前に姿を晒すことが肝になります。これは、姿を見せることで“実際に会う”ビジョンを持たせることが狙いです。
容姿に自信がなくとも、思い切って行動しましょう。
大切なのは容姿の優劣ではなく雰囲気です。
清潔感を全面に出し、交流を楽しみましょう。

交流から交渉へ持ち込むコツは、タイミングです。
初回から誘うようなことはせず、まずは信頼関係を構築してください。
何度も通い、気さくに会話を出来る仲になって、はじめて交渉の条件は整います。

要するに、初回からセフレ目的であると悟られないことが重要なわけです。
セックスをしたいから近づいたのではなく、近づいたから(惹かれたから)セックスしたい気持ちになったと伝えることがコツです。

まずはオナ電相手を見つけることから始めるわけですが

オナ電をするためには、当然ですが相手がいなければ始まりません。
なので、まずはその相手を見つける必要があるのですが、どのようにして探せばいいのでしょうか。

今はインターネットという便利なツールがあるので、そちらを活用すればスムーズに探すことができるでしょう。
例えば、出会い系サイトに登録をしてアプローチをしてみるのもいいですし、専用の掲示板に募集の書き込みをしてみるのもいいでしょう。

ただ、本当にそんな簡単に相手が見つかるのか、疑問に思う人もいるでしょう。
もちろん、リアルで出会うことを前提とするなら、そう容易ではないでしょう。

しかし、オナ電であれば電話でやり取りするだけですし、実際に出会うこともないわけです。
なので、出会いの誘いをする場合よりも遥かに成功する確率は高いのです。

運が良ければその日に相手を見つけることもできますし、昼間に登録して今日の夜にはオナ電をすることも不可能ではないのです。
どちらにしても、こちらから積極的にアプローチするのが前提となるので、果敢に行動することが大事なのです。

もちろんオナ電にも相性はある

オナ電はとっても楽しいですし、多くの人にオススメできる存在ではあるのですが、当然ですが人によって相性があります。
もちろん、これは普通のセックスにも言えることなのですが、誰にでも向き不向きがあるのです。

例えば、オナ電の場合は常にエッチな言葉やワードを言ったりするわけですが、それが苦手だという人もいるわけです。
会話をすることが苦手な人にとっては、どうしても言葉が出てこなくなって、沈黙が続いてしまう可能性もあるのです。

リアルでのセックスなら、そこまで会話をする必要もないでしょうし、とにかくエッチの方に専念することもできるわけです。
なので、普段からあまり話さない人や、異性との会話に苦手意識のある人は、あまりオナ電向きとは言えないのです。

また、オナ電では妄想力を働かせることも重要なのですが、それにも得手不得手はあると思います。
いろんな場面を次々と妄想できる人もいれば、全然思い浮かばない人もいるでしょう。

妄想に自信がない人にとっても、オナ電を楽しむことも難しいので、無理に勧めることはできないわけです。

容姿から選べるライブチャット

ライブチャットは、ログインする前にチャットレディーの容姿を確認できます。
プロフィールページの写真画像は多少なり加工されていますが、ライブ映像は嘘をつきません。
そのためエロ電話サイトに多い“写真詐欺”の心配は皆無です。

アダルトタイプのライブチャットであれば、スタイルの確認すら可能です。
胸の大きさや形、腰のくびれ、指先ほか、こうした部位からセフレを選べるのも醍醐味のひとつです。

とはいえ、交渉が決裂すればそれまでです。
まずは一般的な交流を行い、信頼関係を構築しましょう。
ツーショット形式にてこちらもライブ映像を配信し、姿を知ってもらうこともポイントです。

姿がわかる・わからない相手とでは、出会いに対するビジョンがまったく異なります。
実際に会うことをイメージさせることが、セフレ獲得の第一歩です。

また、お互いに自慰を見せ合う疑似セックスを体験しておくこともセフレ獲得のコツです。
性的なことを共有することで、女性は警戒心を緩めます。
また興奮の度合いによっては、こちら以上に“会いたい”気持ちを大きくします。
そうなれば、関係成立はほぼ確定です。

しかしながら、誘いは“さり気無く”が大切です。
積極的な誘いは「実は、はじめからこれ(セフレ)が目的だったのでは?」という疑念を抱かせます。
こうなると信用を取り戻すことは難しく、“仲が良い会員”から“ただの会員”に降格します。
今後の進展は、ないものと考えて下さい。

男女関係で男性がモテる秘訣は、女の子の話を聞いてあげること!
モテ男の自慢ブログなどで、頻繁に見ます。
やさしい態度を見せてあげると女性は靡いてくるのです。
この態度は間違いはありません。女性は元来お喋り。
自分の話をどんどんと聞いて欲しいのです。

一般的な男性は女性のお喋りに付き合うのは面倒に感じます

あなたのご両親を見てください。
大体、母親の方がぺちゃくちゃ喋っていて、父親の方はテレビを見ながら相づちを打っているシーンが多いです。
ですが、結婚する前に男女が知りあう場合は、女の子の話を聞いてあげるのは大切な要因です。

出会い系サイトの場合はどうか?

この場合は直接話をすることがなく、すべてメッセージでの遣り取りになります。
これではなかなか、ちょっとした相づちが打てないのです。
どうしても一方的になります。
チャットを使うこともありますが、女の子としたら話したいことが全て文字にできません。不完全燃焼になります。
これが出会い系サイトの一番のネックです。

女性は気に入った男性としかデートしません

出会い系サイトでそこまで親しくなるのは簡単ではないのです。
非現実的なツールとなっています。
そこでお勧めなのがインターネットのテレクラサイトです。
この場合は、電話でのやりとりで肉声を聞くことができます。
女性から電話をするので男性は上手く相づちを打つ事で女性を関節的に口説けるのです。
これならば草食系男子でも女の子を落とせますよ。

オナ電のセックスは聴覚だけを使ったセックス

テレフォンセックスというものをご存知でしょうか?

世間ではオナ電という言葉でも使われる事が多いです。
お互い会ったこともない異性と擬似的なセックスを電話でするという行為です。
僕が初めてテレフォンセックスに手を出したのは20歳ごろで、あまりの興奮で利用することは多かったです。
声というものは不思議なもので、それだけで相手を興奮させることが出来ます。
実際に会ってセックスをする時と違い、相手の見た目や清潔感などは一切情報に入ってきませんので、純粋に声だけのプレイということになります。
僕が利用することが多かったのが、ある出会い系サイトでポイントを使って利用することが多かったです。
そこで恐らく数百人の声の女性達とテレフォンセックスをした経験があります。
なので、声で左右される印象というものはよく理解しているつもりです。
単純に可愛い声から妖艶な声、ドMからドSな声など、中にはそれらを使い分けれる声を持っているハイレベルな女性など色々と居ました。
最初は大体、挨拶から始まりますが、すぐにエロ話に入り、お互い自慰をしながら、相手の声に集中して快感を得ます。
チャットなどでもそうですが、異性と話すときに相手の姿などが見えない状況にあると人は自分の理想像を頭に思い浮かべる事が多いそうで、そうなるとより興奮しやすくなるそうです。
なので、シチュエーションで興奮する女性は、電話の向こうで性欲を爆発させて淫らな声をよく聞かせてくれることが多かったです。
聴覚ひとつに絞ることで、普通のセックスとは違う快感をテレフォンセックスでは味わうことが出来ます。

女の子もハマる!オナ電の魅力!

最近女の子の間で密かに流行ってますよね、オナ電。
ラインの普及で無料通話が当たり前になって若い女の子達も彼氏や友達と気軽にエッチなメールや電話ができるようになったのも要因かもしれませんね。
テレビ電話で見せ合いながらやるっていうのもアリですけど、お互いにやり易いのは電話だけのオナ電ですね。
女性の立場から言わせてもらうと、彼氏とデートしてエッチするのって楽しいけどやっぱりメイクや服装に気を使うし、デリケートゾーンや脇などの無駄毛の処理をそれなりにしっかりしておかないといけません。
男性も女の子と会うとなるとホテル代などお金の事も考えなくてはいけませんよね。

でも!オナ電なら!声だけあればいいのです!!
極端に言うと女の子はジャージにすっぴんでもいいのです(笑)
男性もパンツ一丁だったとしても誰にも文句は言われません!
男女共に妄想…というか声と音を聞いて想像でヒートアップできるのです。
これはエッチしたい誰かに甘えたい…そんな女の子にとってはすごくありがたいのです。

そしてもうひとつ。
彼氏がいてもオナ電なら浮気にならない!
実際に体をさわられている訳じゃないっていうのもポイントです。
そこが女の子にも人気な点ですね。
オナニーを手伝ってもらっているような感覚。

でも男性の声と指示で濡れたり、言いなりになったりして思いっきり恥ずかしい部分をさらけ出しているんですけどね。

女の子も気軽に楽しめるオナ電の魅力、少しでも伝わったでしょうか?

オナ電初心者さんはぜひ一度試してみてください!
テレの魅力にハマってしまうかもしれません。

オナ電で健康な生活を

食欲、睡眠欲、そして性欲は人間の三大欲求といわれており、これらは持たない人はこの世に存在しません。
そして、これらをしっかりと満たさないと身体的、精神的にトラブルを抱えたり体を害する恐れもあります。
これらのうち食欲や睡眠欲は、ある程度自分でコントロールすることができます。
ところが性欲は自分自身だけでコントロールするのが難しいのが実情です。
男性であれ女性であれ結婚していたり恋人といった特定のパートナーのいる人なら、性欲も満たすことができます。
中にはパートナーがいながらもセックスレスといった状況になっている人もいるようですが、そんな人がやはり生活上においていろいろとトラブルを抱えているものです。
ましてや特定のパートナーのいない人はどうしようもありません。
風俗で発散させるといってもお金も掛かりますからそう度々はいけませんし、セフレを作るとしてもそう簡単なものではありません。
最も簡単、手軽な性欲の発散方法はオナニーですが、それでは物足りないし味気ないですよね。
だからこそ、オナ電がおすすめなのです。
オナ電なら手軽で簡単にセックスができます。
「でもオナ電なんてオナニーと同じようなものじゃないか」という人もいるでしょう。
けれども自分一人で悶々と行うオナニーとは違って、相手と興奮を共有するオナ電は興奮の度合いが全く違います。
さあ、あなたもオナ電で性欲を解消して健康になりましょう。

彼女持ちだけどテレフォンセックスしてる

僕には彼女がいますが、内緒でテレフォンセックス(通称オナ電)を楽しんでいます。
別に彼女に不満があるとか、そういう事情ではありません。
何となく刺激が欲しくて始めた結果、のめり込んでしまったんです…。
テレフォンセックスの醍醐味は、何と言っても妄想による補完です。
相手女性の容姿はもちろん、その気になれば自分の容姿(設定)だって思いのまま。
冴えないリーマンの僕が、テレフォンセックスの世界ではイケメン高収入医師や、ニヒルな教師になれてしまうのです。
そうしたシチュエーションに付き合ってくれる女性が多いのは、本当に有り難いですね。
これが、リアルの彼女だったら……「気持ち悪い!最悪!」と頭から批判するでしょう。
彼女のように、妄想=害悪と考える人もけっこういますからね。
だからこそ、テレフォンセックスは流行したんじゃないでしょうか。
利用者の数は、現実世界で捌け口を得られない人たちの数といっても過言ではないでしょう。もちろん僕もその一人です。
彼女には、今後も事実を伝えるつもりはありません。
どうせ批判されますからね。
それに、僕はテレフォンセックス=エッチな遊びと割り切っていますが、人によっては浮気・不倫としてカウントするかもしれません。
一度たりとも、相手に触っていなくともです。
僕のように彼女持ちの人が楽しむ場合は、やっぱり黙っておいたほうがいいと思います。男女関係は、平穏が一番ですからね。