オナ電で健康な生活を

食欲、睡眠欲、そして性欲は人間の三大欲求といわれており、これらは持たない人はこの世に存在しません。
そして、これらをしっかりと満たさないと身体的、精神的にトラブルを抱えたり体を害する恐れもあります。
これらのうち食欲や睡眠欲は、ある程度自分でコントロールすることができます。
ところが性欲は自分自身だけでコントロールするのが難しいのが実情です。
男性であれ女性であれ結婚していたり恋人といった特定のパートナーのいる人なら、性欲も満たすことができます。
中にはパートナーがいながらもセックスレスといった状況になっている人もいるようですが、そんな人がやはり生活上においていろいろとトラブルを抱えているものです。
ましてや特定のパートナーのいない人はどうしようもありません。
風俗で発散させるといってもお金も掛かりますからそう度々はいけませんし、セフレを作るとしてもそう簡単なものではありません。
最も簡単、手軽な性欲の発散方法はオナニーですが、それでは物足りないし味気ないですよね。
だからこそ、オナ電がおすすめなのです。
オナ電なら手軽で簡単にセックスができます。
「でもオナ電なんてオナニーと同じようなものじゃないか」という人もいるでしょう。
けれども自分一人で悶々と行うオナニーとは違って、相手と興奮を共有するオナ電は興奮の度合いが全く違います。
さあ、あなたもオナ電で性欲を解消して健康になりましょう。

彼女持ちだけどテレフォンセックスしてる

僕には彼女がいますが、内緒でテレフォンセックス(通称オナ電)を楽しんでいます。
別に彼女に不満があるとか、そういう事情ではありません。
何となく刺激が欲しくて始めた結果、のめり込んでしまったんです…。
テレフォンセックスの醍醐味は、何と言っても妄想による補完です。
相手女性の容姿はもちろん、その気になれば自分の容姿(設定)だって思いのまま。
冴えないリーマンの僕が、テレフォンセックスの世界ではイケメン高収入医師や、ニヒルな教師になれてしまうのです。
そうしたシチュエーションに付き合ってくれる女性が多いのは、本当に有り難いですね。
これが、リアルの彼女だったら……「気持ち悪い!最悪!」と頭から批判するでしょう。
彼女のように、妄想=害悪と考える人もけっこういますからね。
だからこそ、テレフォンセックスは流行したんじゃないでしょうか。
利用者の数は、現実世界で捌け口を得られない人たちの数といっても過言ではないでしょう。もちろん僕もその一人です。
彼女には、今後も事実を伝えるつもりはありません。
どうせ批判されますからね。
それに、僕はテレフォンセックス=エッチな遊びと割り切っていますが、人によっては浮気・不倫としてカウントするかもしれません。
一度たりとも、相手に触っていなくともです。
僕のように彼女持ちの人が楽しむ場合は、やっぱり黙っておいたほうがいいと思います。男女関係は、平穏が一番ですからね。

オナ電のセックスは聴覚だけを使ったセックス

テレフォンセックスというものをご存知でしょうか?

世間ではオナ電という言葉でも使われる事が多いです。
お互い会ったこともない異性と擬似的なセックスを電話でするという行為です。
僕が初めてテレフォンセックスに手を出したのは20歳ごろで、あまりの興奮で利用することは多かったです。
声というものは不思議なもので、それだけで相手を興奮させることが出来ます。
実際に会ってセックスをする時と違い、相手の見た目や清潔感などは一切情報に入ってきませんので、純粋に声だけのプレイということになります。
僕が利用することが多かったのが、ある出会い系サイトでポイントを使って利用することが多かったです。
そこで恐らく数百人の声の女性達とテレフォンセックスをした経験があります。
なので、声で左右される印象というものはよく理解しているつもりです。
単純に可愛い声から妖艶な声、ドMからドSな声など、中にはそれらを使い分けれる声を持っているハイレベルな女性など色々と居ました。
最初は大体、挨拶から始まりますが、すぐにエロ話に入り、お互い自慰をしながら、相手の声に集中して快感を得ます。
チャットなどでもそうですが、異性と話すときに相手の姿などが見えない状況にあると人は自分の理想像を頭に思い浮かべる事が多いそうで、そうなるとより興奮しやすくなるそうです。
なので、シチュエーションで興奮する女性は、電話の向こうで性欲を爆発させて淫らな声をよく聞かせてくれることが多かったです。
聴覚ひとつに絞ることで、普通のセックスとは違う快感をテレフォンセックスでは味わうことが出来ます。

女の子もハマる!オナ電の魅力!

最近女の子の間で密かに流行ってますよね、オナ電。
ラインの普及で無料通話が当たり前になって若い女の子達も彼氏や友達と気軽にエッチなメールや電話ができるようになったのも要因かもしれませんね。
テレビ電話で見せ合いながらやるっていうのもアリですけど、お互いにやり易いのは電話だけのオナ電ですね。
女性の立場から言わせてもらうと、彼氏とデートしてエッチするのって楽しいけどやっぱりメイクや服装に気を使うし、デリケートゾーンや脇などの無駄毛の処理をそれなりにしっかりしておかないといけません。
男性も女の子と会うとなるとホテル代などお金の事も考えなくてはいけませんよね。

でも!オナ電なら!声だけあればいいのです!!
極端に言うと女の子はジャージにすっぴんでもいいのです(笑)
男性もパンツ一丁だったとしても誰にも文句は言われません!
男女共に妄想…というか声と音を聞いて想像でヒートアップできるのです。
これはエッチしたい誰かに甘えたい…そんな女の子にとってはすごくありがたいのです。

そしてもうひとつ。
彼氏がいてもオナ電なら浮気にならない!
実際に体をさわられている訳じゃないっていうのもポイントです。
そこが女の子にも人気な点ですね。
オナニーを手伝ってもらっているような感覚。

でも男性の声と指示で濡れたり、言いなりになったりして思いっきり恥ずかしい部分をさらけ出しているんですけどね。

女の子も気軽に楽しめるオナ電の魅力、少しでも伝わったでしょうか?

オナ電初心者さんはぜひ一度試してみてください!
テレの魅力にハマってしまうかもしれません。

容姿から選べるライブチャット

ライブチャットは、ログインする前にチャットレディーの容姿を確認できます。
プロフィールページの写真画像は多少なり加工されていますが、ライブ映像は嘘をつきません。
そのためエロ電話サイトに多い“写真詐欺”の心配は皆無です。

アダルトタイプのライブチャットであれば、スタイルの確認すら可能です。
胸の大きさや形、腰のくびれ、指先ほか、こうした部位からセフレを選べるのも醍醐味のひとつです。

とはいえ、交渉が決裂すればそれまでです。
まずは一般的な交流を行い、信頼関係を構築しましょう。
ツーショット形式にてこちらもライブ映像を配信し、姿を知ってもらうこともポイントです。

姿がわかる・わからない相手とでは、出会いに対するビジョンがまったく異なります。
実際に会うことをイメージさせることが、セフレ獲得の第一歩です。

また、お互いに自慰を見せ合う疑似セックスを体験しておくこともセフレ獲得のコツです。
性的なことを共有することで、女性は警戒心を緩めます。
また興奮の度合いによっては、こちら以上に“会いたい”気持ちを大きくします。
そうなれば、関係成立はほぼ確定です。

しかしながら、誘いは“さり気無く”が大切です。
積極的な誘いは「実は、はじめからこれ(セフレ)が目的だったのでは?」という疑念を抱かせます。
こうなると信用を取り戻すことは難しく、“仲が良い会員”から“ただの会員”に降格します。
今後の進展は、ないものと考えて下さい。

男女関係で男性がモテる秘訣は、女の子の話を聞いてあげること!
モテ男の自慢ブログなどで、頻繁に見ます。
やさしい態度を見せてあげると女性は靡いてくるのです。
この態度は間違いはありません。女性は元来お喋り。
自分の話をどんどんと聞いて欲しいのです。

一般的な男性は女性のお喋りに付き合うのは面倒に感じます

あなたのご両親を見てください。
大体、母親の方がぺちゃくちゃ喋っていて、父親の方はテレビを見ながら相づちを打っているシーンが多いです。
ですが、結婚する前に男女が知りあう場合は、女の子の話を聞いてあげるのは大切な要因です。

出会い系サイトの場合はどうか?

この場合は直接話をすることがなく、すべてメッセージでの遣り取りになります。
これではなかなか、ちょっとした相づちが打てないのです。
どうしても一方的になります。
チャットを使うこともありますが、女の子としたら話したいことが全て文字にできません。不完全燃焼になります。
これが出会い系サイトの一番のネックです。

女性は気に入った男性としかデートしません

出会い系サイトでそこまで親しくなるのは簡単ではないのです。
非現実的なツールとなっています。
そこでお勧めなのがインターネットのテレクラサイトです。
この場合は、電話でのやりとりで肉声を聞くことができます。
女性から電話をするので男性は上手く相づちを打つ事で女性を関節的に口説けるのです。
これならば草食系男子でも女の子を落とせますよ。