最初の5分はムード作りに徹する

オナ電を始めるにあたって、最低でも最初の5分はムード作りに徹するようにしましょう。
要するに、いきなりセックスを始めるのではなく、何気ない会話や雑談をしたりして、徐々にいい雰囲気を作っていくわけです。

リアルでセックスをする際にも、必ず最初に前戯から始めると思います。
それによって感度の方も高まっていき、より興奮した状態でセックスが楽しめるのです。

なので、オナ電の場合でも充実したセックスができるように、ムード作りを欠かしてはいけないのです。
たとえ短い時間であっても、そこに費やす時間を惜しむべきではないのです。

もちろん、具体的にどれぐらいの時間をムード作りに費やすかは、オナ電を行う時間であったり、その場の雰囲気に合わせて考えればいいでしょう。
あまり時間をかけすぎても、オナ電をするための時間が少なくなってしまうでしょうし、そのあたりは臨機応変に決めていくといいわけです。

ただ、最低でも5分という時間は守ってもらいたいですし、最高の状態でオナ電を楽しんでもらいたいです。

最終的には実際にオナ電をして判断することになる

せっかくオナ電をするなら、自分の理想に少しでも近い相手を選びたいところでしょう。
やっぱりオナ電の場合でも、相性の部分は重要となるので、どういった相手を選ぶかも大きなポイントになるのです。

さて、具体的にどうやって相手を選ぶかですが、出会い系サイトにしても掲示板にしても、簡単なプロフィールを掲載していることがほとんどですから、まずはそちらで絞り込むといいでしょう。
年齢であったり性格やタイプなど、基本的な情報を知ることができるので、それだけでもかなり相手を選別できると思います。

ただ、最終的には実際にオナ電をした上で判断することになるでしょう。
相手の声はもちろんですが、どういったセックスが楽しめるかも、実際に電話をして会話をしなければ分からないわけですから。

そして、もし大いに満足することができ、楽しくオナ電を行うことができたのであれば、その後も定期的に関係を続けていくといいでしょう。
逆に、お世辞にも相性がいいとは言えなかったのであれば、また別の相手を探せばいいわけです。

テレフォンセックスサイトの質は有料>無料

テレフォンセックスサイトには、有料・無料の2タイプのサービスが存在します。
どちらを選んでも楽しい時間を得ることが出来ますが、ワンランク上のサービスを求めるのであれば、迷うことなく有料を選ぶべきです。

有料サービスの利点は、プロフィール欄が充実していることです。
SNSスタイルを採用するサイトも多く、日記などから相手の趣旨・性癖を窺い知ることもできます。
また検索機能も優れており、好みの相手をピンポイントで探し出すことが容易です。

何より、登録している女性の質が高いことです。
「我儘で、自分勝手な女性に振り回されるのは嫌」「男を立ててくれる女性と楽しみたい」という人はもちろん「初心者だからリードしてほしい」「一から手ほどきを受けたい」という人でも、安心して利用が出来ます。

しかし利用の際は、高額な料金が発生することを忘れてはいけません。
『紹介料』に加え、指名をする場合には『指名料』が別途発生します。

なお料金の詳細はテレフォンセックスサイト毎に異なるため、登録前には必ず確認を行って下さい。
また継続して利用したい場合には、出来るだけ安価なサービスを探すことも重要です。

テレフォンセックスに掛ける時間は人それぞれ

テレフォンセックス(通称オナ電)に掛ける時間は、人それぞれです。
30分未満でスッキリ出来てしまう人もいれば、1時間~2時間またはそれ以上を掛け、じっくり楽しむ人もいます。

前者の人は、大抵が自慰のおかず目的です。
ひとりでするのは味気ないし、何より刺激が足りないという場合に利用されます。

後者の人は、ごっこ遊びを楽しみつつ自慰もしたいという人です。
そのためシチュエーションを大切し、発言(台詞)にも力を入れます。
しかし脚本(起承転結)が下手な人もおり、時間の経過と共に興奮が冷めるようであれば相手を変更したほうが賢明です。

エッチな会話はしたいが、1時間も2時間も話す自信はない…という人は、相手方に自分の都合を伝えておきましょう。
「×分程度の時間があります」「今日は何時までOKです」と、予め断わっておけば終了時に波が立ちません。

それにも関わらず、相手がしつこく会話を継続する場合には切断してしまって構いません。
言っても聞かない人には、行動で示しましょう。
有料サービスの場合は接続時間に応じて料金が発生するため、尚のことご注意ください。

人肌恋しい時期のオナ電

社会人になって3年。
仕事も落ちついて、自宅と会社を往復する単調な毎日に退屈していた時でした。
私は最近、唯一の夜の楽しみがあったのです。
それは、ツーショットダイヤルを深夜に利用することでした。
かける電話番号によって、地域の指定をする事ができるので、私はずっと地元の電話番号を指定していました。
オナ電とは、基本的には会わないのですが、ある日私はオナ電をした女の子と会うことになったのです。
電話の向こうの彼女はすごく可愛い声をしていて、エッチをするときには、お互いにアソコをなめるような音をいやらしく聞かせたり、お互いにオナニーをして楽しんでいました。
その後に、私たちは雑談をしたのですが、何と結構ご近所さんだったことが判明し、歩いていけるような距離に住んでいたのです。
私が軽いノリで「会おうよ~」と言うと、彼女も「私も会いたい」と言い、会うことになったのです。
しかも、これから会うことに。
彼女も仕事と家の往復に嫌気が指していて、刺激を求めていたと言います。
早速私は彼女に会いに、近くのコンビニで待ち合わせをしました。
現れた彼女はすごく可愛らしい女の子。
家も近かったので、彼女を私の家に誘うと、早速家の中でセックスが始まりました。
なんと言ってもフェラが上手くてたまりません。
オナ電でもすごく感じましたが、生のあえぎ声もすごくエロいです。
オナ電から実際に会うのは今回が初めてでしたが、私たちはセックスの相性がいいんだと思いました。

オナ電をするならインターネットで

オナ電をする場合はまず相手探しから始まります。
その相手探しにツーショットダイヤルという手段もありますが、ここではあまりおすすめしません。
なぜなら、ツーショットダイヤルでは料金が発生するからです。
それも1分単位でいくらといった設定のところが大半なのですが、これが思ったよりも支払いが多くなってしまうのです。
いくらお互いオナ電をすると了解していても、電話に出た相手といきなりプレイを始めることはありませんよね。
最初はやはり自己紹介から始まって少し世間話をして、それからプレイに進むといった手順を踏むわけですが、この時点で下手をすると数千円も掛かってしまうこともあります。
またプレイをしている最中は時間やお金のことなど気にしていませんから、終わった時には1万円やそれ以上掛かることも珍しくなく、これなら風俗へ行ったほうがよかったかも…などと後悔することにもなりかねません。
昔はオナ電の相手を見つける手段はツーショットダイヤルくらいしかなかったものですが、今ではインターネットでオナ電を希望する相手を見つけることもできます。
そしてそこで見つけた相手とのプレイに掛かる費用はというと電話代だけ、それも電話会社と話し放題といったプランを契約していれば事実上無料でプレイできるのです。
時間を気にすることなくそのうえお金が掛からずに楽しめる、インターネットを使うことでそんなオナ電が今や普通になっているのです。